人気ブログランキング | 話題のタグを見る

方円流・東京東支部のお茶会・お稽古情報/お稽古場は明治神宮外苑絵画館学園・自由が丘支部長宅・広尾・鎌倉/問合せはhoenryu.east.tokyo@gmail.com まで


by hoenryu

6月20日 「ペパーミントの日」

6月20日   「ペパーミントの日」_b0255824_11303171.jpg

今日は、「20日」と「ハッカ」の語呂合わせから、北海道北見市まちづくり研究会が、特産品のペパーミントにちなんで制定した日

紀元前1000年頃のピラミッドからペパーミントの葉が発見されているそうですから驚きです。
また、ローマ帝国では、消臭やネズミよけの為に、どちらも、栽培されたり収穫されたりしていた記録が残っているとの事。
スペアミントは、その後、イギリスにもたらされ、胃や呼吸器系の薬として、ハーブティとして飲まれていました。
ペパーミントは、1790年にはアメリカで、消化器官の薬として栽培が始まったそうです

ミントティーは、簡単に作れます
スペアミントの葉を一枚一枚よく洗い、予め、温めておいたティーカップに適量を入れ、熱湯を入れて3分程おいたら、出来上がりです!
その際、何でも良いので、ティーカップに蓋をして下さい
私はソーサーをカップに被せていますが、とても手軽で、便利です


6月20日   「ペパーミントの日」_b0255824_17591748.jpg

写真上の、少し葉が尖っているのがペパーミント、下の、少し丸みの有るのがスペアミントです

6月20日   「ペパーミントの日」_b0255824_15460588.jpg

「ペパーミント」と「スペアミント」の違いをご存知ですか?
意外と、何気なく知らずに過ごしてしまっておりますが、、、

ペパーミントの香りの素は、メントールで、和種のミント(ハッカ)に多く含まれる成分です。キリッと爽快なスースーする感じは、日本人になじみが深く、ガムや歯みがき粉はペパーミントのものが主流です。

一方、スペアミントの香りは、カルボンと言う成分が主体で、スースー感は控えめながら、ハーブ特有の香りが料理に合うことから、欧米では料理に使うミントは、スペアミントを指します。
その他、ハーブティや、お菓子、サラダによく使われます。

ペパーミントは、スペアミントとウォーターミントが自然に交雑して出来た品種で、ピリリとした刺激のある風味がコショウに似ている事が、名前の由来だそうです

梅雨の鬱陶しい時期ですが、ハーブティは香りが良く爽やかで、リラックス効果があり、冷やしても美味しく頂けます
そして、煎茶や玉露の冷茶は、とてと美味しく、身体に良いので、おすすめです
ポットに、適量の茶葉(多め)とお水をを入れ、二~三時間程で摘出できます
最近は、早く摘出できる 冷茶用の茶葉も販売されております
また、紅茶のティーバッグ(多め)とお水をポットに入れて、ひと晩 冷蔵庫でねかせておきますと、朝には美味しいアイスティーが出来上がります。
どちらも、熱いお湯で淹れてから冷やすより、透明感のある美しいお茶が出来ますので、是非、お試し下さい

私どもの夏の「ゆかた茶会」では、玉露の冷茶がお客様に一番喜んで頂けるようです


にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ ←クリックお願い致します
ランキングに参加しております


by hoenryu | 2020-06-20 09:00 | 煎茶道 | Comments(0)