人気ブログランキング | 話題のタグを見る

方円流・東京東支部のお茶会・お稽古情報/お稽古場は明治神宮外苑絵画館学園・自由が丘支部長宅・広尾・鎌倉/問合せはhoenryu.east.tokyo@gmail.com まで


by hoenryu

3月16日 「十六団子」の日・連翹(れんぎょう)

3月16日  「十六団子」の日・連翹(れんぎょう)_b0255824_16222949.jpg

今日の「十六団子・神迎の儀式」の日は、
田の神様が山から戻って来るとされる「神去来」の日。
特に米作が盛んな東北地方に伝わる風習で、お団子を16個供えて神様を迎える行事の「神迎の儀式」が、各地で執り行われます。
この伝統行事は、北国の長い冬に終わりを告げる風物詩とされています。
また、11月16日(地域によっては10月16日)には、神が山へ帰る日として、同じように十六個のお団子を供えるそうです

十五夜の美しいお月様を眺めながら頂く「お月見団子」、そして、桜を愛で、お花見を楽しみながらの「花見団子」などが、お団子をお供えする行事として有名ですが、
「十六団子」は、臼と杵を使って餅つきをし、その音で、農耕の神様に山と田を行き来する日であることを知らせ、出来たお餅を小さく丸めてお団子を作ります。
春に神様が山から村や里に下りていらっしゃることを「さおり」、山に帰られることを「さのぼり」と言い、お迎えする女性を「早乙女」と呼んでいたそうです

16個の由来は、平安時代の中頃、仁明(にんみょう)天皇の時代に疫病が蔓延したことから、天皇は元号を「承和(じょうわ)」から「嘉祥(かしょう)」へと改め、その嘉祥元年の6月16日に、厄除けと健康招福を祈り、16個のお餅やお菓子を神様に供えた「嘉祥の儀式」を行いました。
その後、毎年6月16日にお菓子を食べる「嘉祥の日」という習慣が出来て、江戸時代まで続いたとされています。
(現在は、「和菓子の日」とされています)
そして、その「嘉祥の日」にちなんで、16個のお団子が農耕の神様に供えられるようになったとの事。
新型ウィルスが収まらない中、私も十六団子をお供えしてお祈り致しました


今日の誕生花は、「連翹(れんぎょう)」

3月16日  「十六団子」の日・連翹(れんぎょう)_b0255824_09541660.jpg

モクセイ科のレンギョウ属の低木で、よく繁り、枝は竹のような節を持っています。
早春の3月から4月にかけて、2~3センチ程の黄色い4弁の花が、細い枝に密に多数咲きます。
中国原産で、漢方の解熱・消炎・利尿・鎮痛などの薬用として、平安時代初期に日本に渡来したとされていますが、定かではないようです。
名所には、鎌倉の明月院などが有り、先の3月13日・高村光太郎誕生の日で触れましたが、4月2日の光太郎の命日は、「連翹忌」と呼ばれています

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ ←クリックお願い致します
ランキングに参加しております


Commented by 通りすがりの者ですが at 2021-03-16 09:44 x
× ほんとうの空
○ ほんとの空

訂正よろしく。
Commented by hoenryu at 2021-03-18 20:45
ありがとうございました。
色いろと不慣れで、大変、助かりました。
今後とも、ご指導宜しくお願い致します
by hoenryu | 2021-03-16 09:00 | 風習 | Comments(2)